ヨガインストラクターフィーの平均は?収入アップの方法も解説

  • ヨガインストラクターになりたいけれど収入はどれくらいなの?
  • ヨガインストラクターをしているけれど他の人はどれくらいフィーをもらっているの?
こんな疑問をお持ちの方に、この記事ではヨガインストラクターのフィーについて解説します。

ヨガインストラクターとして活動していても、他のインストラクターが1レッスンあたりどれくらいもらっているかは意外と知らないものです。

この記事を読めばわかること
  • ヨガインストラクターのフィー(収入)平均
  • 収入アップの方法

それでは見ていきましょう!

ヨガインストラクターのフィーについて徹底解説!

ヨガインストラクターのお給料であるレッスンフィーについて。

フィットネス業界にいないと「フィー」は、あまりなじみのない言葉かもしれません。

レッスンフィーとは

フィーとは英語のFee(フィー)からきており、料金、費用、謝礼などの意味です。

フィットネス業界では、フィーは1レッスンあたりの報酬のことをさします。

1レッスン(60分)の報酬が4,000円の場合、レッスンフィーは4,000円となります。

一般的なレッスンフィーの相場はどれくらい

仕事柄、他社のレッスンフィーは常々チェックしていたので大体の相場をお伝えします。

レッスンフィーの平均は3,500円

レッスンフィーの平均は3,500円です。

エリアによっても多少ばらつきがあり、首都圏など都市部では少し高い傾向にあります。

また、新人かベテランかでも多少違ってきます。

なつこす
インストラクター歴が長く、集客力があり評判のいいインストラクターは1本1万円弱の人もいます。

ヨガ1本で生活するのは可能?

ヨガ1本で生活するのは本人次第ですが可能です。

レッスンフィーは平均の3,500円で月20万円(大卒の初任給くらい)を稼ぎたい場合。

ひと月57レッスン担当すれば約20万円になります。

週に換算すると14本。

週1~2日お休みする場合、1日2~3本くらいクラスを担当すれば20万円になります。

1日2~3本は決して不可能ではないですし、実際このように働いて生計を立てているインストラクターはたくさんいます。

その一方で、なかなかクラスを担当できず軌道に乗らない、または体力的にたくさんクラスを持てない人は、アルバイトや派遣などをしながらヨガインストラクターをしている場合もあります。

レッスンフィーは一定ではない!?実力により上下する

ヨガインストラクターのレッスンフィーは、上がることもありますし、下がることもあります。

どの会社もビジネスとしてスタジオやジムを運営しています。

お客さんが来なければ運営ができなくなりますので、集客は大切な部分。

集客のできないインストラクターはレッスンフィーを下げられてしまう完全実力の世界です。

逆に、集客が良いインストラクターの場合はフィーが上がります。

フィーが上がるとはいえ数十円~数百円UPくらい。

また、所属しているスタジオやスポーツクラブの業績により、あなたの集客が良くてもなかなかフィーが上がらないこともあります。

もし集客できる実力があるならば、スタジオやスポーツクラブに依存せず、自分で主宰したほうが収入は格段に上がります。

 

レッスンフィーは年々減少傾向に

レッスンフィーは年々減少傾向にあります。

低い所では1000円を切るところも…。

せっかく勉強をしてヨガインストラクターになったのに、1レッスンが1000円ではなんとも救われない気分になってしまいます。

どうしてこのようなことが起きているのかというと、ヨガインストラクターは年々増加しており、飽和状態になっているからです。

 

ヨガインストラクターが飽和状態でも収入アップを狙う方法

ヨガインストラクターは実力の世界なので、稼いでいる人とそうでない人の差が顕著にでます。

しかし、アイデア次第でヨガインストラクターとして収入アップを狙うことは可能です。

プライベートレッスンをする

まずは1レッスンの単価を上げることを考えてみましょう。

プライベートレッスンのフィーは6000円~3万円です。

フィーの平均3500円と比べるとだいぶ上がります。

自分でクラスやイベントを主宰する

自分でヨガクラスやイベントを主宰するのもおすすめです。

参加費用を少なく見積もって1人2,000円だとして3人集まるだけで6,000円。

場所は町内会館であれば1,000円くらいで借りることもできます。

2,000円×3人-1,000円(町内会館使用料)=5,000円

大きなクラスを実施しなくても、3名でレッスンフィーは5,000円です。

集客すればするほど、収入は増えます。

また、イベントでいつもよりスペシャル感のある内容であれば、料金をもっと上げることも可能です。

オンラインで教える方法はかなりおすすめです。

準備が大変だと思われるかもしれませんが、カメラ付きのスマホ、タブレット、パソコンがあれば意外と簡単にできます。

ストアカココナラというスキルを売り買いできるサービスを利用し集客をしてみましょう。

まずは自分でサービスを購入して使ってみると使い方や流れがわかるようになりますよ。

 

ヨガ以外の強みを掛け合わせて働く

あなたの強みを掛け合わせて働くと収入アップが期待できます。

  • 文章を書く事が好き⇒ヨガの知識を生かした専門ライター
  • お子さんがいる⇒産前・産後やキッズヨガ
  • アクセサリー作りが好きなら⇒ヨガアクセサリー販売
  • 心理カウンセリングができるなら⇒心理カウンセリング+ヨガのプライベートセッション
  • 栄養士資格をもっているなら⇒栄養士アドバイス付きのヨガクラス
  • 営業が得意なら⇒法人へ営業をかけてクラスを持つ

すでに上記で上げた活動をされている人もいるかもしれないですが、あなたが住んでいるエリアに競合はどれくらいいるでしょうか?オンラインで受けたいというニーズもあるかもしれないです。

自分の強みとヨガを掛け合わせてできるクラスやサービスがないか考えてみると、色々な方法が見つかるはずです。

ヨガインストラクターは飽和状態ですが、他のインストラクターとあなたの違い(強み)は何でしょうか?

強みと言うと、自分にはないという人も多いですが、普通に出来てしまうことが多いため強みと気づいていないことも多くあります。

一度、あなたの特徴を紙に書き出して整理すると見えるものもありますよ。

その中にヒントが隠されているかもしれないですね。

ヨガインストラクターフィーの平均と収入アップ方法の解説でした!

レッスンフィーの平均と収入アップの方法について解説しました。

ヨガインストラクターというと、スタジオやスポーツクラブで働くことを想像しがちですが、アイデア次第で活躍の場は広がります

これからインストラクターになりたい人も、現在インストラクターとして活動している人も、今持っている強みを生かして活躍できることを願っています。

ヨガ以外でも人に何か教えられる事がある人は、スキルマーケットの利用をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です